せかいとゆうこと

SEKAI TO YUKO TO

中国のネット規制-China Series①-

(Sorry English is coming soon..)

 

こんにちはゆうこです!

 

最近インタビューしても記事にしてないものが

たくさん溜まってるので反省してます。。

 

 

今日は久しぶりに「ぶっちゃけわーるど」です。

 

世界の中でも大注目の国「中国」について

シリーズ化して記事を書いていきたいと思います。

 

 

第1回の今回は、

みんなも気になる「中国のネット規制」について。

はじめからでかい題材持ってきちゃった感あるけど

まぁいいや笑

 

 

そしてまた念を押して言いますが、

このコーナーで友達が教えてくれる話は

あくまで個人の意見で、

国を代表して話してくれてるわけじゃないです。

そこだけは理解して欲しいです!

 

f:id:yukonoblog21:20170801144924j:plain

 

 

教えてくれたのは写真中央の彼。

中国の东莞出身のジャーミー(Jeremy, 陳家明)です。

ここに来る前は中国の商社で働いていました。

 

彼はなんとも言えない不思議な友達です笑

常に口が開いてることが気になってるんだけど

誰もなかなかつっこめないでいます笑

 

 

そしてちなみに右の彼は、

最近新しくクラスメイトになった日本人。

東京大学の大学院で数学を研究している謙さんです。

 

私の学校には日本人の大学生がいなかったから

謙さんが入学してきてくれて本当に嬉しいです。

 

今回ジャーミーにインタビューすると言ったら

興味を持って一緒に話を聞いてくれました。

 

 

 

 

Yuko) 早速だけどジャーミーってfacebookのアカウント持ってないよね?日本では私たちの世代の人ってほとんどみんな持ってるイメージなんだけど、それって中国では一般的なことなの?

 

 

Jeremy) そうだね。海外留学したらその現地でアカウントを作るって人もいるけど、ユーザーはすごく少ないと思うよ。基本的に中国国内では使えないしね。

 

 

Yuko) そうなんだね不思議。facebookの他にも中国国内で使えないものってあるの?

 

 

Jeremy) あとはinstagram、twitter、youtube、まぁみんなが使っているSNS全般だね。googleも使えないし、日本人のみんなが使ってるLINEも中国に旅行中は使えないよ。

 

 

 Yuko) それは中国の政府が国民に使うのを許可してないってこと?

 

 

Jeremy) まあそうだね。中国ではネットの閲覧が制限されているから国が許可したのじゃないとみれないんだよね。俺たちはLINEの代わりにwe chat とかQQ、facebookの代わりにweiboっていうもを使ってる。

でも実はね、facebookとかも絶対に使えないって訳じゃないんだ。VPN(virtual private network)っていうのを使えば閲覧できる。

 

 

Ken) あれだよね、VPNっていうのは「特別なネットワークを作ってそこを介しながら通信するシステム」のことだよね。直接中国のネットワークを使うわけじゃないから、VPNを使うとfacebookなんかも中国国内で見れるんだよ。

 

 

Yuko) 私もそれ聞いたことある。え、でも待ってそれってこっそり政府の検閲を逃れてアクセスしてるんだよね?合法なの?

 

 

Jeremy) うーん、俺たちにとって中国でVPNを使うことは当たり前のことだから、正直誰も合法とか違法とか考えたことないと思うよ笑

政府も俺たちが使うことに対してそんなに気にしてないんじゃないかな?でもこれからどんどん厳しくなっていくね。(調べたら中国人の5人に1人くらいの割合でVPNを使っているみたい。そして国が許可したVPNを使わなきゃみたいです。)

 

 

Yuko) でも実際にそんなにたくさんの人が検閲を逃れてるってことでしょ?なんか変な感じ。。

そもそもどうして中国は中国人がfacebookとか使うのをよく思ってないんだろ?

 

 

Jeremy) まずは経済面で考えて、中国の大きい市場にそういう海外の会社が入ってくるのを好ましく思ってないんだろうね。そしてそれより大きい理由はきっと反政府の動きが起こるのを未然に防いでるんだと思う。

世界のfacebookやtwitterユーザーの中にはきっと中国のことをよく思っていない人たちが少なからずいるでしょ?そういう考えが中国の中に入ってきたら、国内にいる反政府の人たちの考えをサポートして、彼らのデモクラシーの原動力になってしまうからね。

 

 

Ken) デモクラシーって言えば最近、中国人の劉暁波さんが亡くなったのが話題になったよね。この人は中国の人権を主張して暴力を使わずに政府と戦っていた人で、数年前に(2010年)ノーベル平和賞を受賞したんだよ。受賞の時も中国政府と揉めたらしいけど立派だったよね。

 

 

Yuko) そうだったんだ。本当だ、亡くなったの7月13日だからつい最近の話だね。平和に関する賞について国が揉めちゃうのって悲しいね。ところで中国の政党って1個しかないんだよね?それってどうなの?

 

 

Jeremy) 政党が1個しかないのはいいことだよ!特に経済面にとって!だってもし国内に政党がいくつもあったら、国民は選挙に時にどれが正しいのか選ぶのに必死になっちゃって、仕事どころじゃなくなるでしょ?それにどの考えが正しいとかで喧嘩が起こりそうだし。。

初めから政党が1個しかないとそういう心配もないし良いと思う。それに正直俺たちって政治についてそんなに興味ないんだよね。経済が潤ってくれれば別に政党はどれでも良い

 

 

Ken) でもどういう風に経済を潤すかを決めるのは政党だよ。その選択肢が1個しかないのは問題じゃない?

 

 

Jeremy) 一応何か決めるときはその案に反対してもいいよ。でもまず反対する人はいないし、初めから採用されるものは決まってる感じだね。言っちゃえば儀式みたいな。結果的に最善の案が自動的に採用されるようになってるってことだからいいことだよ。

 

 

Ken) うーん。。なるほど。。

 

 

Yuko) 私たちには「知る権利」とか「言論の自由」があるよね。中国の政府は色んなSNSを排除しているし、大学でも政府を批判するような発言を学生にすることを禁止している。それって嫌だなって思ったりしない?

 

 

Jeremy) え、そうかな?嫌だとかは全然思わないな。逆にどうして大学が政府を批判するような考えを学生に言わなきゃいけないの?

中国の現状と日本の現状が違いすぎるのか、優子の言ってることが正直良く分からない。今はいい暮らしができているし政府を責めるとか考えたことない。

 

 

Ken) 中国の大学に政治に関する学部はあるの?

 

 

Jeremy) もちろんあるよ!今の政府は素晴らしいっていうこと前提で政治を学んでいる。

 

 

Ken) きっとそういうことだよね。だいたいどの国も、大学にいる政治学者や政治学部の学生が色んな議論をしながらこれからの政治のあり方について検討してると思う。でもその研究の場である大学すらも全てが今の政治が正しいと本気で信じていたら、一体誰が政治をいい方向に引っ張ったり判断したりするんだろうか

 

 

Jeremy) うーん、それはわからん!

見てわかるように、俺たちってまず選択肢がないんだよね。SNSで中国を批判したら逮捕されるくらいだし、まず政治を判断するっていう概念がない。何が正しいかとか考えたことないし、だから実際政治に興味がない。

 

 

Ken) でも過去の歴史からどの方針が正しかったかとかは考えられるでしょ?

 

 

Jeremy) 確かに毛沢東なんかはいい例だね。彼は重大な失敗もしたし。でも多くの中国人は彼を認めているよ。彼が今の中国を作ったわけだから。

 

 

Yuko) 歴史の勉強をしても教科書の内容に偏りとかありそうだね。

 

 

Jeremy) うーん俺はこの教科書で習ったから、偏りとかは俺にはわからん。

それより日本の安倍総理の話も聞かせてよ。支持率低いっていうニュースを聞いたけど大丈夫なの?

 

 

((日本の政治の話はここでは省略します))

 

 

Ken) ジャーミーさっき安倍総理の支持率の話してたけど、そもそも中国では政府への支持率とか公にされるの?

 

 

Jeremy) そういう調査ってメディアが行うよね。たとえ行ったとしても政府がメディアに公にさせないから国民まで情報が流れてこないね。