せかいとゆうこと

SEKAI TO YUKO TO

What is ANZAC day?

(English is coming soon…)

 

こんにちはゆうこです!

 

今回のコーナーはぶっちゃけわーるど

今日は私が生活している

オーストラリアの文化を紹介していきます。

 

 

 

みなさん「ANZACday」って知っていますか?

時期は1か月ほど遅れましたが

毎年4月25日に定められている国民の休日です。

 

これはオージーが最も大切にしている日の1つです。

なのでこの日に詳しく慣れればきっと

オーストラリアの文化を理解できるこの間違いなし!

なので今日はこの日を紹介しますね!

 

 

ちなみになんで1ヶ月以上も前の話を

今さら紹介するのかというと

私が1ヶ月以上ブログをサボっていたからです。

季節外れになっちゃってすみません。。

 

 

ANZACdayの数日前に偶然会った海兵さんが

この日について優しく教えてくれました。

それでは紹介していきます!!

 

f:id:yukonoblog21:20170529181751j:plain

 

 

 

 

*ANZACってなに?

 

まずANZACとは

Australia and New Zealand Army Corps」の略。

直訳すると

「オーストラリア・ニュージーランド連合軍」です。

 

 

歴史は第一次世界大戦にまでさかのぼります。

1914年、イギリス・フランス連合軍はトルコ(オスマン帝国)のガリポリという場所を占領しようと攻め込みました。

 

 

でもこの戦いとても大変な激戦だったんです。

そこで当時イギリス領だった

オーストラリアとニュージーランドは、

イギリスのために戦いたいと参戦を決めます。

そして初の海外遠征に出るのです。

 

 

 

今もオージーは彼らの勇姿を誇りに思っています。

ANZACdayは当時活躍した人の追悼の日であり、

第二次世界大戦以降は、過去すべての戦争に参加した兵士たちを讃えて追悼する日へと形を変えました。

 

 

 

 

 

*ANZACdayでは何をするの?

 

大きく分けると以下の5つのことをします!

1つ1つ見ていきましょう!!

 

 

正装をする

ポピーの花を飾る

ANZAC関連のグッズが売られる

ビスケットを食べる

セレモニーとパレードが催される

 

 

 

正装をする

 

当日街はたくさんの正装した人であふれます。

杖ついた可愛いらしいおじいちゃんも

ビシッと正装してタバコをふかします。

そのダンディーな姿を見ると本当に惚れ惚れしちゃいますよ。 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182116j:plain

 

正装と言ってもいろんな正装があります。

例えば子供だと学校の制服

大人やお年寄りだとスーツ

軍隊だと(軍隊じゃない人でも)軍服などです。

 

f:id:yukonoblog21:20170529182231j:plain

 

上の写真に注目してください。

胸元のキラキラしたメダルにお気づきですか?

これは当時の軍人さんや従軍看護婦さんの物です。

 

メダルを左胸につけている人は

実際に戦争で活躍された人

右胸につけている人はそのご家族などの、

本人の意思を受け継いだ人

 

戦後長く時間が経過しているので

右胸につけた人が多かったです。

 

あとは多い人だと30個くらいつけてる人もいて

びっくりしました!

 

下の写真は戦争記念館で撮影したメダルの写真。

 

f:id:yukonoblog21:20170909235320j:plain

 

 

ポピーの花を飾る

 

ポピーの花とはこれです。

これはコサージュなのでレプリカですが

日本でもよく目にする花ですね。

 

f:id:yukonoblog21:20170909235352j:plain

 

この花はアンザックを象徴する花で、

当日はいたるところに飾られてあったり

このコサージュやグッズを身につけます。

 

f:id:yukonoblog21:20170909235449j:plain

 

メルボルンではANZACday当日に、

ポピーの花が駅前の大広場一面に敷き詰められます

それがすごく有名なんですけど、

私は当日そこに行くの忘れてて見れませんでした、、

ミスすぎます。。

 

 

 

ANZAC関連グッズが売られる

 

当日はポピーをモチーフにした

コサージュが売られることはお話ししましたが、

他にもこんな物も売られています。 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182528j:plain

 

これは1枚目の写真の海兵さん達が売っていたもの。

左の物はバッジ、右はリストバンドです。

他にもいろんな柄のバッジや

可愛いストラップなんかもありましたよ。

 

当日これらを身につけた人を多く見かけました。

ちなみにこの販売によって集まったお金は

恵まれない子供達への寄付になるそうです。

 

 

 

ビスケットを食べる

 

これはアンザックビスケットと言われていて

オーストラリアではたくさん売られています。

このANZACの時期は特に! 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182634j:plain

 

戦時中に兵隊さんのお嫁さんが

このビスケットを焼いて戦地に送っていたから

戦時中を象徴する食べ物になったんですって。

 

日本の場合は芋のツルとかほしいいなのに、

それに比べたらおしゃれですよね、、

 

私のホストファミリーもこの時作ってくれました。

オートミールで出来ていて

歯ごたえはしっかりしています。

そして腹持ちもすごくいいです。

味はほんのりココナッツみたいな感じでした!

 

 

しかし残念なことに、

私また写真を撮る前に完食してしまったんです。。

 

だから上の写真はクックパッドで

「アンザックビスケット」と検索して

一番私が作ってもらったやつに似てたものです。。

ごめんなさい。。

 

 

 

セレモニーとパレードが催される

 

当日は早朝からセレモニーが始まります。

メルボルンにはShrine of Remembranceという

立派な戦争の記念館があります。

 

ここで日昇前の6:00からセレモニーが始まります。

動く始めるのはなんと4:30からなんですって!

そして9:00から大きなパレードが始まります。 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182820j:plain

f:id:yukonoblog21:20170529182827j:plain

 

たくさんの軍人さんやマーチングバンド、

車などが大きな列をなしていました。

 

ちなみにこの日はあいにくの曇り空、、

パレードの終盤は小雨まで降っていました。

 

しかし雨が降ろうと嵐が来ようと、

セレモニーやパレードは中止にはなりません

なぜなら、これは戦争にまつわる行事だから。

 

戦時中は嵐が来たからと言って

戦争が中止になるなんてことはありませんよね。

だから今でもこの行事は

天候に左右されることなく決行されるそうです。

 

 パレードを行進している人たちは

普通にてくてく歩きで以外でしたが

規模が大きいので小雨の中でも迫力ありましたよ!

 

 

 

 

 

さて今回はANZACdayを振り返っていきました。

私がサボっていたため季節外れになったのと

写真を全然撮っていなかったのが反省点です。

ごめんなさい。

 

 

それでも少しでも

オーストラリアで最も大切にされている日について

詳しくなっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

それではまた!!