せかいとゆうこと

SEKAI TO YUKO TO

中国のネット規制-China Series①-

(Sorry English is coming soon..)

 

こんにちはゆうこです!

 

最近インタビューしても記事にしてないものが

たくさん溜まってるので反省してます。。

 

 

今日は久しぶりに「ぶっちゃけわーるど」です。

 

世界の中でも大注目の国「中国」について

シリーズ化して記事を書いていきたいと思います。

 

 

第1回の今回は、

みんなも気になる「中国のネット規制」について。

はじめからでかい題材持ってきちゃった感あるけど

まぁいいや笑

 

 

そしてまた念を押して言いますが、

このコーナーで友達が教えてくれる話は

あくまで個人の意見で、

国を代表して話してくれてるわけじゃないです。

そこだけは理解して欲しいです!

 

f:id:yukonoblog21:20170801144924j:plain

 

 

教えてくれたのは写真中央の彼。

中国の东莞出身のジャーミー(Jeremy, 陳家明)です。

ここに来る前は中国の商社で働いていました。

 

彼はなんとも言えない不思議な友達です笑

常に口が開いてることが気になってるんだけど

誰もなかなかつっこめないでいます笑

 

 

そしてちなみに右の彼は、

最近新しくクラスメイトになった日本人。

東京大学の大学院で数学を研究している謙さんです。

 

私の学校には日本人の大学生がいなかったから

謙さんが入学してきてくれて本当に嬉しいです。

 

今回ジャーミーにインタビューすると言ったら

興味を持って一緒に話を聞いてくれました。

 

 

 

 

Yuko) 早速だけどジャーミーってfacebookのアカウント持ってないよね?日本では私たちの世代の人ってほとんどみんな持ってるイメージなんだけど、それって中国では一般的なことなの?

 

 

Jeremy) そうだね。海外留学したらその現地でアカウントを作るって人もいるけど、ユーザーはすごく少ないと思うよ。基本的に中国国内では使えないしね。

 

 

Yuko) そうなんだね不思議。facebookの他にも中国国内で使えないものってあるの?

 

 

Jeremy) あとはinstagram、twitter、youtube、まぁみんなが使っているSNS全般だね。googleも使えないし、日本人のみんなが使ってるLINEも中国に旅行中は使えないよ。

 

 

 Yuko) それは中国の政府が国民に使うのを許可してないってこと?

 

 

Jeremy) まあそうだね。中国ではネットの閲覧が制限されているから国が許可したのじゃないとみれないんだよね。俺たちはLINEの代わりにwe chat とかQQ、facebookの代わりにweiboっていうもを使ってる。

でも実はね、facebookとかも絶対に使えないって訳じゃないんだ。VPN(virtual private network)っていうのを使えば閲覧できる。

 

 

Ken) あれだよね、VPNっていうのは「特別なネットワークを作ってそこを介しながら通信するシステム」のことだよね。直接中国のネットワークを使うわけじゃないから、VPNを使うとfacebookなんかも中国国内で見れるんだよ。

 

 

Yuko) 私もそれ聞いたことある。え、でも待ってそれってこっそり政府の検閲を逃れてアクセスしてるんだよね?合法なの?

 

 

Jeremy) うーん、俺たちにとって中国でVPNを使うことは当たり前のことだから、正直誰も合法とか違法とか考えたことないと思うよ笑

政府も俺たちが使うことに対してそんなに気にしてないんじゃないかな?でもこれからどんどん厳しくなっていくね。(調べたら中国人の5人に1人くらいの割合でVPNを使っているみたい。そして国が許可したVPNを使わなきゃみたいです。)

 

 

Yuko) でも実際にそんなにたくさんの人が検閲を逃れてるってことでしょ?なんか変な感じ。。

そもそもどうして中国は中国人がfacebookとか使うのをよく思ってないんだろ?

 

 

Jeremy) まずは経済面で考えて、中国の大きい市場にそういう海外の会社が入ってくるのを好ましく思ってないんだろうね。そしてそれより大きい理由はきっと反政府の動きが起こるのを未然に防いでるんだと思う。

世界のfacebookやtwitterユーザーの中にはきっと中国のことをよく思っていない人たちが少なからずいるでしょ?そういう考えが中国の中に入ってきたら、国内にいる反政府の人たちの考えをサポートして、彼らのデモクラシーの原動力になってしまうからね。

 

 

Ken) デモクラシーって言えば最近、中国人の劉暁波さんが亡くなったのが話題になったよね。この人は中国の人権を主張して暴力を使わずに政府と戦っていた人で、数年前に(2010年)ノーベル平和賞を受賞したんだよ。受賞の時も中国政府と揉めたらしいけど立派だったよね。

 

 

Yuko) そうだったんだ。本当だ、亡くなったの7月13日だからつい最近の話だね。平和に関する賞について国が揉めちゃうのって悲しいね。ところで中国の政党って1個しかないんだよね?それってどうなの?

 

 

Jeremy) 政党が1個しかないのはいいことだよ!特に経済面にとって!だってもし国内に政党がいくつもあったら、国民は選挙に時にどれが正しいのか選ぶのに必死になっちゃって、仕事どころじゃなくなるでしょ?それにどの考えが正しいとかで喧嘩が起こりそうだし。。

初めから政党が1個しかないとそういう心配もないし良いと思う。それに正直俺たちって政治についてそんなに興味ないんだよね。経済が潤ってくれれば別に政党はどれでも良い

 

 

Ken) でもどういう風に経済を潤すかを決めるのは政党だよ。その選択肢が1個しかないのは問題じゃない?

 

 

Jeremy) 一応何か決めるときはその案に反対してもいいよ。でもまず反対する人はいないし、初めから採用されるものは決まってる感じだね。言っちゃえば儀式みたいな。結果的に最善の案が自動的に採用されるようになってるってことだからいいことだよ。

 

 

Ken) うーん。。なるほど。。

 

 

Yuko) 私たちには「知る権利」とか「言論の自由」があるよね。中国の政府は色んなSNSを排除しているし、大学でも政府を批判するような発言を学生にすることを禁止している。それって嫌だなって思ったりしない?

 

 

Jeremy) え、そうかな?嫌だとかは全然思わないな。逆にどうして大学が政府を批判するような考えを学生に言わなきゃいけないの?

中国の現状と日本の現状が違いすぎるのか、優子の言ってることが正直良く分からない。今はいい暮らしができているし政府を責めるとか考えたことない。

 

 

Ken) 中国の大学に政治に関する学部はあるの?

 

 

Jeremy) もちろんあるよ!今の政府は素晴らしいっていうこと前提で政治を学んでいる。

 

 

Ken) きっとそういうことだよね。だいたいどの国も、大学にいる政治学者や政治学部の学生が色んな議論をしながらこれからの政治のあり方について検討してると思う。でもその研究の場である大学すらも全てが今の政治が正しいと本気で信じていたら、一体誰が政治をいい方向に引っ張ったり判断したりするんだろうか

 

 

Jeremy) うーん、それはわからん!

見てわかるように、俺たちってまず選択肢がないんだよね。SNSで中国を批判したら逮捕されるくらいだし、まず政治を判断するっていう概念がない。何が正しいかとか考えたことないし、だから実際政治に興味がない。

 

 

Ken) でも過去の歴史からどの方針が正しかったかとかは考えられるでしょ?

 

 

Jeremy) 確かに毛沢東なんかはいい例だね。彼は重大な失敗もしたし。でも多くの中国人は彼を認めているよ。彼が今の中国を作ったわけだから。

 

 

Yuko) 歴史の勉強をしても教科書の内容に偏りとかありそうだね。

 

 

Jeremy) うーん俺はこの教科書で習ったから、偏りとかは俺にはわからん。

それより日本の安倍総理の話も聞かせてよ。支持率低いっていうニュースを聞いたけど大丈夫なの?

 

 

((日本の政治の話はここでは省略します))

 

 

Ken) ジャーミーさっき安倍総理の支持率の話してたけど、そもそも中国では政府への支持率とか公にされるの?

 

 

Jeremy) そういう調査ってメディアが行うよね。たとえ行ったとしても政府がメディアに公にさせないから国民まで情報が流れてこないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Peppe, my Italian friend🇮🇹

(For English see below)

 

ゆうこです!

 

今回のコーナーは「幸せのカタチ」。

イタリア人の友達にインタビューしました! 

 

f:id:yukonoblog21:20170728215405j:plain

 

2人での写真を撮り忘れたのですが

一番左のスキンヘッドの彼です。

彼は私の前のクラスメイト!

でも先月学校を卒業してしまいました、、

 

この写真からも伝わるかな?

彼はすっごい楽しい性格で

クラス1番のムードメーカーです。

 

彼がいると常にジョークが絶えなくて

クラスが笑いの渦に巻き込まれます。

 

あと個人的な話ですが

日本にいる私の友達に見た目や癖が似ていて

いつも彼と英語で話すのが変な感じでした笑

 

 

 

ー好きなように自己紹介してみて!

 

ジュセピ(Giuseppe Sciarrone)26歳。

ペピーって呼んで!

 

ローマ生まれローマ育ちで

実家は有名なコロッセオのすぐ向かいにある!

 

去年の2月に大学を卒業したばかりだよ。

バチカン市国の中にある

pontificia universita lateranenseっていう

なかなかいい大学で経済法学を学んでいたんだ。

だから帰ったら弁護士になるよ!

 

 

 

ーありがとう!

ペピーはどうしてここで英語の勉強をしているの?

 

英語を上達させるためだよ。

メルボルンには親戚がいるしここを選んだ。

 

法学を学んでない人に説明するのは難しいいんだけど

世界にはcommon law countries

っていう国々があるんだ。

イタリアとかイギリスとかオーストラリアとか

後はアメリカ、カナダもそう。

将来はこの国のどこかで働きたいんだよね。

 

この学校を卒業したら1度イタリアに帰って

弁護士として働くけど、

来年の1月くらいにまた英語圏の国に行って

今度は2年くらい大学で法学を学ぶ予定。

そしてそこで弁護士として働く資格を取るよ。

 

それがまたメルボルンになるかもしれないし

ロンドンに家があるからそこになるかも知れない。

違う国になるかもしれないし決めてない。

イタリアでとりあえず働きながら決めるかなー。 

 

f:id:yukonoblog21:20170728215616j:plain

 

 

 

ーぜひまたここに戻ってきて欲しい!

どうしてイタリアじゃなくて他の国で働きたいの?

 

イタリアは労働環境がすごく悪いんだ。

失業率もすごく高いし稼ぎも悪い。

 

できることならイタリアで働きたいでど

現実を見ると他の国の方が働きやすいんだよね。。

 

 

 

ーそうか。イタリアの問題は失業率なんだ。

 

それだけじゃないよ!

悪いところは数え切れないくらいある!笑

 

やっぱり労働環境が一番だけど

後はそうだな、、

 

イタリア人は基本優しくないよ!笑

もちろん人にもよるけど時々だらしないし嘘つき!

日本人みたいにみんなに優しくするとか

人の気持ちを考えるとかできない。

 

 

 

ー日本人も人によるけどなー。

ペピーみたく優しいイタリア人もいっぱいいるしょ!

 

ありがとう笑

でも俺もいつも優しいわけじゃないよ。

時々めっちゃ悪い奴になる。笑

 

日本人は個人差はあるとしても

基本的に優しい性格の人達だと思うよ。

 

後悪いところだけど、

特にローマはかなり街が混雑してる。

観光客が多いしね。

 

でも観光客はみんないい人だよ。

イタリア人より観光客の方がいい人多い笑

 

両親は南イタリア出身だけど、

いうてそんなに治安悪くないよ。

でも毎月何十人も殺されてるから

みんなギャングには気をつけてね!笑

 

 

 

ー私イタリア行ってみたいんだ。

イタリアのいいところも教えて!

 

いいところは2つ!食べ物と気候!それだけ!笑

 

食べ物はめちゃめちゃ美味しいよ。

この辺でパスタとか食べても

イタリア産じゃないエセが出回ってるから

ぜひ本場て食べて欲しい

 

気候もすごく好き!

特に冬はスキーしに行ったりするんだ。

スキーしたことある?本当最高に気持ちいいよ。

 

南イタリアに行けばあったかいし

北イタリアに行けばアルプスの山の絶景が見れるし

場所や四季によっても全然違う楽しみ方ができる。

いい国だからぜひ来て欲しい!

 

あとローマは歴史の街だから

歴史が好きな人にはすごくおすすめ。

2300年とかそれ以上の歴史があるから面白いよ!

 

 

 

ー素敵!ペピーはどういう時に幸せって思う?

 

家族に会ってる時かな。

けんかとかそいういうトラブルなしでね笑

 

俺は働くのが好きだから

毎日いっぱい働いても全然苦じゃないよ。

 

でも休日はもっと好き。

休日は山に行ったりするよ。

季節にもよるけどそこで景色見たり

ツーリングしたりスキーしたりするのが好き。

 

友達とサッカーしてる時がめっちゃ好き!

サッカーが好きでローマのクラブのサポーターだよ!

後はジムで身体を鍛えるのも好き。

前事故にあった時に身体中大けがしたから

時々ちゃんと休まなきゃだけどね。

 

f:id:yukonoblog21:20170728215907j:plain

 

(前に紹介したジャナもそうだけど、

クラスには身体を鍛えるのとサッカーが大好きな

スポーツマンが多かったんです。 

だからクラスはいつも筋肉とサッカーの話で

盛り上がってました笑

 

みんなでサッカーをする時も女1人の私に

優しく声かけたり褒めたりしてくれる

めちゃめちゃいい人たちです!)

 

 

 

ー最後にペピーの夢を教えて!

 

ローマで重要な弁護士の1人として活躍することだよ。

さっきイタリア以外の国で働くって言ったけど、

できることならイタリアで働きたい

現状を見ると厳しいけど、

でも夢はイタリアで働くこと。

 

後は今付き合ってる彼女と結婚できたらいいな。

どうなるかわからんけどさ笑

 

7年間付き合ってるし俺と同じ法学を勉強してる。

一緒に成長してきた大切な人なんだ。

 

 

 

 

 

 

 

***********************

 

Hi.

Today’s guest is my delightful Italian friend, Peppe.

Actually Peppe, in the left of this picture, list our school to go back to Italy last month.

 

As you look at this his lovely smile, he was the life of the party in our class and his CLEAN JOKE always made us laugh.

 

 

ーPlease introduce yourself, Peppe.

 

Hi. I’m Giuseppe Sciarono, 26 years old.

Please call me Peppe.

I was born in Rome, and my family house is opposite the Colosseum, one of the most famous structures in the world.

 

I just graduated from my university named “pontificia universita lateranense” which is located in the Vatican City State.

I’ve studied economic law and I’m going to be a lawyer end od this month in Rome.

 

 

ーThank you! Any way why are you studying English here?

 

Surely to improve my English skill.

I have some relatives in Melbourne so I chose here.

 

It is difficult to explain to you, haven’t studied law, but there are several countries using the same law system, such as Italy, UK the USA and Australia.

I want to work in these “common law countries” in the future.

 

I’m going to work in Italy once but I’m also planning to go abroad again to study in university since around next January for 2 years.

Then I want to get a license to work there as a lawyer.

Actually I haven’t decided which country I’ll go the next but perhaps I’ll come back to Melbourne.

I’ll decide my plan while working in Italy.

 

 

ーWhy do you want to work in another country from Italy?

 

Italy has serious problems with a working environment.

The unemployment rate is too high and we cant earn much money.

Honestly I’d like to work in Italy, but in fact, other countries are much better.

 

 

ーI see. The Italian biggest issue is the working environment..

 

Not only! We can't count how many problems we have lol

Obviously the biggest one is that, but well..

Generally Italian guys aren't kind.. haha

Of course it depends on the person but sometimes they are lazy and liars, so we cant behave kindly, sensibly and politely like you, Japanese guys.

 

 

ーNot all Japanese are kind neither lol

And I assume Italy also has a lot of kind people like you, Peppe

 

Thanks, but be careful, I’m not always a good guy.. haha

I think the Japanese character is basically kind even though there are individual differences.

 

Oh I found another negative point, the city is too crowded because of tourists.

However they are nice guys (better than Italian lol) so I’m happy for them!

 

 

ーI wanna go to Italy so can you recommend some good points?

 

There are only 2 good points, food and climate!

Italian foods are wonderful, you should eat the real pasta or pizza in Italy.

And also I love the Italian climate, especially in winter.

 

Have you ever been skiing? It’s absolutely fantastic!!

In Italy you can enjoy many things with different seasons and places, for example, the south of Italy is warm, and when you go north you can see amazing views of the Alps.

 

Moreover, Rome has an interesting history so I recommend these historical places if you like history.

 

 

ーGreat! Well.. When do you feel ”happy”?

 

When I spend time with my family, without trouble..haha

I like working so it’s not stressful for me but I like holiday as well.

In holiday I go to mountains for skiing and motorcycle touring.

 

And I love soccer.

I’m a supporter of a soccer club in Rome and I like to play it with friends as well.

I like exercise so I often go to a fitness club for training.

 

 

ーThank you! It’s the last question, what’s your dream?

 

I want to be an important lawyer in Rome.

As I said before, I’m going to work abroad but to be honest, I want to work in Italy.

I know it’ difficult when I think about the reality so it’s just my dream.

 

And if I can, I want to marry my girlfriend.

We’ve been having a relationships for 7years and we’ve been growing up together.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rana, my Saudi Arabian friend🇸🇦

(English is coming soon…)

 

ゆうこです!

今回のコーナーは「幸せのカタチ」と

ぶっちゃけわーるど」が一緒になった感じです笑

 

 

学校の校長先生をしている

サウジアラビア人の友達にインタビューをして、

彼女やサウジアラビアの教育について聞きました!

 

ラナは私のクラスメイトです。

でも実は彼女、

宗教の関係で写真に写れないんです。

だから私と一緒に写ったものもないんですよね、、

 

ラナは本当に綺麗で、

こんな美ママになりたいと憧れるくらいなのに

お顔を紹介できなくて残念です、、

 

ちなみに自分で撮ったりするのはいいけど

どうも公的なのがだめみたいですよ。

 

最近はこういった女性も減ってきてるらしいですが、

今回は代わりに大好きな私のクラスメイトの写真と

ラナが撮ってくれた写真を載せときます!!

 

f:id:yukonoblog21:20170702182601j:plain

 

 

ー好きなように自己紹介してみて!

 

ラナ(Rana)です。

サウジアラビアで高校の校長をしているよ。

 

高校に勤めてるのはここ2年間。

その前は5年間小学校の校長をして、

そのさらに前は10年間英語の教師をしていたよ!

 

そして私は母。6人の子供がいるよ。

息子5人と娘1人で長男はアメリカの大学に通ってる。

今は夫と子供達と一緒にメルボルンに住んでるよ。

 

 

 

ーありがとう!

ラナはどうしてここで英語の勉強をしているの?

 

私はサウジアラビアの政府から

トレーニングとして派遣されたんだ!

 

この英語学校で10週間英語を学んでから

実際に現地の学校にいって6か月間研修をするよ。

私は来週からSouthbankの高校に行く予定。

 

ここでオーストラリアの教育のいいところを学んで

国に持ち帰ることが私たちのミッションなの!

 

ちなみにオーストラリアに派遣されたのは

このメルボルン大学に30人とモナシュ大学に50人、

あとは他の学校も合わせて110人だよ。

 

他にもカナダ、アメリカ、フィンランドなどの

5か国に派遣されてるから総勢は700人くらい!

 

これは毎年政府がやってる取り組みで、

日本にも行ったりするよ!

 

 

 

ーすごい取り組み!

ラナは高校の校長先生だけど

サウジアラビアの教育制度ってどんな感じなの?

 

それじゃあ

高校のシステム

男女別学

学費

 

の順で話していこうかな

 

①まず高校の制度から説明するね。

サウジアラビアの高校は大きく分けて2種類あるよ。

 

・一般の高校

・大学のようなイメージの専門学校

 

どっちの学校にも学年末には試験があるんだけど、

合格できなかった教科があったとしたら

その教科だけ進級できなくて来年も同じ授業を受ける

っていうシステム。

 

 

②次は男女について!

ゆうこも知ってると思うけど、

サウジアラビアでは未婚の男女は

公の場で話したり親密になったりできないよ。

だから学校も男女別々なの。

 

(※これについては後日”シリーズイスラム”の

第2弾と3段で詳しく紹介します!)

 

保育園・幼稚園は男女一緒の場所に行くけど、

小学校からは男子は男子校、女子は女子校に行くよ。

もちろん教師も男子校には男性、

女子校には女性が勤めているから完全に男女別。

 

ちなみに一部の小学校は小学3年生まで共学にしてるし

大学も医学系とかは共学のところもある。

でもそういうのは少ないね。

 

 

③そして学費について

ここは私たちの自慢でもあるんだけど、

私の国では小学校から大学まで全て無償でいけるよ!

もちろん私立大学は別で公立の学校の話ね。

 

国立大学は7つあるんだけど、

ここの学生は学費が無料な上に

学生期間は国からお給料までもらえるの。

 

ひと月あたり300ドルもらえて、

勉強のために本を買ったり文房具を揃えたりできるよ。

 

学生へのスカラシップもすごく充実してて、

特に賢い学生はどんどん外国に留学している。

 

これはサウジアラビアの

全ての子供に教育を受けさせたいという考えによる制度で

とてもいいものだと誇りに思っているよ。

 

f:id:yukonoblog21:20170702182940j:plain

(taken by Rana)

 

 

ーサウジアラビア太っ腹だな~

ところでラナはどんな時に幸せだなって思う?

 

やっぱり家族が多いし、

みんなが揃って一緒にいる時に幸せだなって思う。

 

あとはお祝い事の時にも幸せを感じるよ。

今から2か月半くらいしたらムスリムのお祝いがあるの。

その時はメッカに行くか家でお祝いするかする。

 

お祝いといえば、

時々結婚前のパーティーを女性だけで開いたりするよ。

これがもう本当に最高なの!

女性だけでホテルに集まるから

私たちは肌の露出なんかを気にしなくて良いの!

自分が着たいものを好きなように着る

お化粧も派手にしまくるよ。

パーティー前後の道を歩く時は隠すし

写真も公にはできないけれど

パーティーの間は本当に派手に楽しむの!!

 

(※女性の服装についても"シリーズイスラム"の

第三弾で詳しく紹介します

そして彼女の写真は本当に綺麗でした。)

 

 

そうだ後は今ちょうどラマダンの時期なんだけど、

これが終わったらみんなでお祝いをするんだ。

これもすごく素敵なパーティーだから楽しみ!

 

 

 

(((ちょっとここで余談です)))

 

ラナの話にもあった通り

この日はちょうどラマダン(断食)の期間中

ムスリムの人たちは日中は何も食べたり飲んだり

していませんでした。

 

でも今回ラナと話をしている時、

別のサウジアラビア人の女性が話しかけてきて

一緒に食堂でご飯を食べようラナに誘ってきました。

 

そしてラナもいいね!って感じで

なんと普通に食堂でコーヒーを飲み始めました。

 

その時に教えてくれたんですが、

子供の他にもラマダンを免除される人がいます。

 

海外に旅行している人

病気の人

妊娠・出産直後の女性

生理中の女性

 

です。

私と同世代の友達は海外留学を理由に

ラマダンなどの宗教の決まりがゆるい人が多いです。

まぁその他もなんとなくイメージはできますが、

私が驚いたのはこの後!

 

上記の理由でラマダン期間中にできなかった人は、

後日に補講みたいな感じで断食しなおすんですって!

 

最初ラナから話聞いた時、

私は小学校や高校での水泳の授業を思い出しました。

どうしても泳ぎたくない日、

適当に理由つければサボれるのが

女の子の特権みたいな風潮地味にありましたよね。。

なんかいつまでたっても

プールサイドで見学してる子もいたりして笑

 

でもラマダンはたとえ諸事情で出来なかったとしても

絶対に後から補講しなくちゃなんです!絶対!

厳しい!!!

 

でも強制的にしなければならないというよりは

それでもしたいっていう強い思いを

みんなが持ってるってことなんでしょうね!

 

 

 

ーありがとう。最後にラナの夢を教えて!

 

そうだね、快適に過ごすのが一番だね笑

後は戦争とか憎しみがないような

平和な世界になるように願ってる。

 

私は後5~7年したら退職するよ。

その後は何か貧しい人たちの力になれるような

ボランティア活動をしたいと考えてる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Caner, my Turkish friend🇹🇷

(For English see below)

 

ゆうこです!

 

今回のコーナーは「幸せのカタチ」。

トルコ人の友達にインタビューしました! 

 

f:id:yukonoblog21:20170702193737j:plain

 

彼は私の前のクラスメイト!

でも彼も先月卒業してしまったんです、、

 

この写真からも分かる通り

めちゃめちゃマッチョのイケメン君です♡

 

私がホームステイしてた時からいつもバスが一緒で

いつか話しかけてみたいなって思っていました。

そしたらすぐに同じクラスで仲良くなれて

すっごく嬉しかったのを覚えています。

 

 

 

ー好きなように自己紹介してみて!

 

ジャナ(Caner Pulat)21歳です。

こっちの人この名前を上手に発音できないんよね。

まずトルコ語表記だとCがJみたいな発音になるし!

 

 

(私たちの先生も名前が言えなくて、

勝手にジョンって呼んでいました笑)

 

 

トルコのマニサって街の出身。

そして俺はスポーツマンだよ!

ボディービルディングに興味があって、

トルコでもいろんな大会に出場したんだ。

 

今は兄と一緒にメルボルンに住んでるよ!

 

 

 

ーありがとう!

ジャナはどうしてここで英語の勉強をしているの?

 

メルボルンにある

Sports and fitness college に行きたいんだ。

 

そこでスポーツとか身体について学んで、

その後はジムのパーソナルトレーナーになりたい。

英語が話せればどこででもなれるし

お客さんにいいアドバイスができるからね!

トルコよりオーストラリアの方が稼げるから

こっちで就職する予定だよ!

 

メルボルンに来たのは兄が住んでいたから。

生活も楽になるし暮らしやすいから。

ここでは時々兄の仕事を手伝ったりもする。

 

f:id:yukonoblog21:20170702193948j:plain

 

ートルコの好きなところってどこ?

 

何より一番はみんなフレンドリーってことかな。

もし何か困ったことがあったりしたら

みんなで助け合おうみたいな国民性だからいいよ!

 

多分ここよりも優しいんじゃないかな?

ゆうてここで嫌な人に出会ったことないけどさ笑

 

後はトルコにも観光地はいっぱいあるよ!

綺麗なビーチがいっぱいあるからおすすめ!

 

あと俺、昔馬術やってたこともあって、

家から少し離れた郊外に馬を飼ってるんだ。

そこはCesmeっていう街なんだけど

バケーションの時にみんなが行ってくつろぐような

有名な街で本当にいいよ!おすすめ!

 

 

 

 

ー逆にトルコのネガティブなところってある?

 

結構怒りっぽいのはあると思う、、

国民性なのかな?

 

みんな怒ったら割とすぐ手を出しちゃうよ笑

俺は身体鍛えてるからそいいうのは強いけど

みんな気をつけて笑

 

 

 

ージャナ絶対けんか強そうだよね!

ジャナが幸せな時ってやっぱ身体鍛えてる時?

 

そうだね。

ボディービルディングの大会に出場してる時

本当に最っ高に幸せ!!!!!

 

ずっとこの日のために頑張ってきたわけだからね。

ボディのコンディションとか目標によって

トレーニングとかダイエットを本気でやる。

 

鍛えれば鍛えるほど、

今までの自分とも他のみんなとも違う身体になれる

他より断然、健康的で強そうに見えるやん。

それがたまらなく気持ち良い!!!

 

f:id:yukonoblog21:20170702194234j:plain

(from his facebook)

 

 

ー本当に幸せそう♡

最後にジャナの夢はなに?

 

全部のボディービルディングの大会で優勝すること!

次はできれば来年のメルボルンでの大会に出たいな。

 

でも大会に出るかは正直その時の貯金によるかも。

大会に備えた体作りってすごいお金がかかるんだ。

サプリメントとか食べ物とか

こっちは特に高いし結構苦労してる。

 

実はこっちに来てから食べ物の不足とかで

10キロ以上体重落としちゃたから

これから本気で頑張らなきゃ!

 

身体作りにいい食べ物だけど、

牛肉、卵、鶏肉、魚はいいよ。

後はたくさんの野菜と米も大切。

 

 

 

 

 

 

************************

 

Hi. Today’s guest is Caner, my previous classmate, but he has graduated from our class as well.

 

As see in this photo, he is a hunk and I can’t believe he is the same age as me.

When I was a homestay student, we used to catch the same bus, ant it is a funny memory with him that we missed our buses three times a day and wasted more than two hours after school.

 

 

- Please introduce yourself

 

Hi. I’m Caner(Caner Pulat), 21 years old.

The pronunciations of Turkish is very difficult for others, for example we pronounce ‘C’ as ‘J’ in English so a lot of friends and teachers mispronounce my name at first.

 

I’m from Manisa, Turkey.

And I’m a sports man interested in body building so I took part in some competitions in my country.

 

Now I’m living here with my older brother.

 

 

- Thank you!

Why are you studying English here?

 

I wanna go to Sport and fitness college in Melbourne and study sports and physics, then be a personal trainer in here because I can earn mush more money than in my country.

 

If I peak English more fluently, I can work and advise customers wherever, so I’m studying English.

 

The reason why I chose Melbourne is that my brother are living and working here.

We help each other.

 

 

- Well, what thing in Turkey so you like?

 

People are helpful and friendly so we help each other when we are in trouble.

I think people living in Melbourne are very kind but I guess turkish is better.

 

And..

There are a lot of tourist spots in Turkey.

I’d like you to go to our beautiful beaches.

Actually, I was a horseman when I was a young, so I keep my horse in the countryside, it is very lovely place to enjoy a vacation so I recommend there as well.

 

 

- Anyway, do you have some negative things to report?

 

Oh.. Turkish people are a little bit hot-tempered and often fight.

I’m OK because I’m getting myself into shape, but be careful when you go there.

 

 

-You definitely look strong!!

What is your dream?

 

When I take part in a body building competition, I feel extremely happy because I’ve trained and dieted for it.

 

If I train harder, I can have a different body from my previous one and other people.

And it looks absolutely healthy.

It’s a great feeling!!

 

 

- What's your dream?

 

Winning all the competitions!!

If I can, I wanna take part in next one in Melbourne, but it depends on my savings..

 

It cost a lot of money to make a great body and prepare for it, especially food and supplements, which are very expensive here so it’s a source of anxiety.

To be honest, I’ve lost more than 10kg since I came here si I must start training seriously.

 

 

- By the way, what’s some good food for our bodies?

 

Beef, eggs, chicken, fish..

and a lot of rice and vegetables!

 

 

 

 

 

 

 

Narith, my Cambodian friend🇰🇭

(For English see below)

 

ゆうこです!

 

今回のコーナーは「幸せのカタチ」。

カンボジア人の友達にインタビューしました! 

 

f:id:yukonoblog21:20170630100724j:plain

 

写真一番左の彼は

私の前のクラスメイト!

でもこの前学校を卒業してしまったんです、、

 

シャイな性格だけど

1度私の方から話しかけて仲良くなってからは

授業中とか楽しい時とかにこっちを見て

ニコってしてくれるようになりました。

そのギャップがめちゃめちゃ可愛いです♡

 

 

 

ー好きなように自己紹介してみて!

 

ナリス(Pagnarith Oeng)24歳です。

カンボジアの首都、プノンペンから来たよ!

メルボルンにはおばあちゃんとおじさんが住んでて

パン屋さんをしてるんだ。

でも2人とは一緒に住んでなくて

カンボジア人の友達とシェアハウスしてるよ!

 

 

 

ーありがとう!

ナリスはどうしてここで英語の勉強をしているの?

 

メルボルンに来る前は、

メルボルン大学に行きたいと考えてたんだ。

だからメルボルン大学付属のこの学校を選んだ。

 

でもここで勉強してると難しいなって実感して

今は大学に行くことよりも

とりあえず英語を上達させることが目標かな!

 

カンボジアにいた頃は

コンピューターを専攻して勉強してたから、

できればメルボルン大学のマスターを取りたい!

 

この学校は金曜日で卒業しちゃうけど、

今はその後に通う学校からオファーを待ってる状況。

ビザが今月末で切れちゃうから

このオファーはすごく大事!ドキドキ! 

 

f:id:yukonoblog21:20170630100619j:plain

 

ーところでカンボジアの好きなところってどこ?

 

やっぱり自慢はお寺かな!

カンボジアには4000棟もお寺あるんだよ。

 

ゆうこも知ってると思うけど

一番有名でお勧めしたいのはアンコールワット

毎日世界中からたくさんの人が観光に来てるよ。

 

時間帯だけど夕方に行くのが断然お勧め!

沈んでいく夕日に照らされる

アンコールワットが見られるよ!

 

オレンジに染まってすごい綺麗だから

ぜひ生で見に行って欲しい!

 

 

 

ー私アンコールワットめっちゃ行きたいの!

ナリスの話聞いて高まった!!!!!

逆にカンボジアのネガティブなところある?

 

そうだな、ゆうこも知ってる通り

カンボジアはまだまだ発展途上国だよ。

だから課題はいっぱいあるかな。

 

教育の水準は昔と比べてかなり高くなったよ!

学校も先生もきちんとしてるから

生徒も真面目に勉強するようになった。

 

昔と比べて勉強をサボったり

試験中にカンニングしたりすることも減ったよ。

そういう意識って結構大切だと思うんだよね。

 

教育について話したけど、

カンボジアの発展のためにはやっぱり

教育が一番大切だと思ってる。

他の国を見てみても、一生懸命勉強した人が

みんなを引っ張って行って国を作ってるよね。

 

その教育の水準が上がったことは

カンボジアにとってとてもいいことだと思う。

 

 

 

ーナリスは何をしている時に幸せって感じる?

 

音楽が好きだからよく聞くよ!

英語の曲も聴くしカンボジアの曲も聴く。

好きな音楽聴いてる時はやっぱり幸せだよね。

 

友達と一緒に外食したり

ウィンドウショッピングするのも大好き!

カンボジア人の友達と一緒に行くことが多いね。

 

あとはコンピューターゲームしてる時も幸せ!

 

 

 

ーカンボジアの音楽!気になる!

最後にナリスの夢を教えて!

 

できればメルボルンに永住したいなって思ってる。

 

ここでおばあちゃんとおじちゃんがやってる

パン屋さんを継ぎたいな。

 

自分で新しくパン屋さんを作るのもいいなって思う!

 

 

 

 

 

 

 

***********************

 

 

Hi. Today’s guest is Narith, my previous classmate.

 

Actually he graduated from my school last month so I had an interview with him before he left.

 

He was a little shy but after I spoke to him, we soon opened up to each other. I do like his cute naughty smile, which he has when some funny things are happening. It’s lovely!!

 

 

 

- Please introduce yourself, Narith

 

I’m Narith(Pagnarith Oeng), 24 years old,

from Phnom Penh, the capital of Cambodia.

 

I have my grandmother and uncle, who are bakers in Melbourne, but I’m living with my Cambodian friend.

 

 

 

- Thank you Narith!

Why are you studying English here?

 

Before I came here, I was planning to go to Melbourne university so I chose this school; however, since I’ve been studying English, I’ve keenly realized the difficulty, so my purpose is to improve my skills rather than go to university at the moment.

 

When I was in Cambodia, I mainly studied IT so I wanna obtain Masters in it in Melbourne university if I can.

 

 

 

- Well, What things in Cambodia do you like?

I wanna go there so can you recommend some interesting places?

 

Needless to say, the temples.

Hoe many temples do we have?

Maybe more than 4000!

 

And the most wonderful thing is the Angkor Watt, a world heritage.

Lot’s of people from all over the world come to see it everyday.

 

If you there, I’d love you to go in the evening.

You can see gorgeous temples being lit up by the setting sun.

It’s awesome!!

 

 

 

- I really want to go!

Anyway, do you have any negative thoughts despite living in such a good country?

 

Yes, you know, Cambodia is a developing country so we have many problems, but I think the quality of education is improving year by year.

 

School systems and teachers are much better than before, so most students have become more honest.

For example, when I was young or before, skipping classes and cheating in the exams were quite common things but now it’s changed.

It might be a small change but I think this kind of slight consciousness is important.

 

As I talk, the most important thins is to help Cambodian development in education for obvious reasons.

According to many developed countries, such as Australia and Japan, the educated people lead others and make good societies, so improving the quality of education is a very good thing for us.!!

 

 

 

- Thank you.

Please tell me about yourself, when do you feel ”happy”?

 

I love listening to music so often listen to English songs and Cambodian songs.

It makes me so happy.

And.. I like eating out and going window-shopping with my Cambodian friends as well and when I’m free, I play computer games in my house.

It’s a supreme happiness!

 

 

 

- I’m interested in Cambodian songs!

This is the last question, what's your dream?

 

I wanna get permanent residency in Melbourne and inherit a bakery which my grandmother and uncle have, or run my own business!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What is ANZAC day?

(English is coming soon…)

 

こんにちはゆうこです!

 

今回のコーナーはぶっちゃけわーるど

今日は私が生活している

オーストラリアの文化を紹介していきます。

 

 

 

みなさん「ANZACday」って知っていますか?

時期は1か月ほど遅れましたが

毎年4月25日に定められている国民の休日です。

 

これはオージーが最も大切にしている日の1つです。

なのでこの日に詳しく慣れればきっと

オーストラリアの文化を理解できるこの間違いなし!

なので今日はこの日を紹介しますね!

 

 

ちなみになんで1ヶ月以上も前の話を

今さら紹介するのかというと

私が1ヶ月以上ブログをサボっていたからです。

季節外れになっちゃってすみません。。

 

 

ANZACdayの数日前に偶然会った海兵さんが

この日について優しく教えてくれました。

それでは紹介していきます!!

 

f:id:yukonoblog21:20170529181751j:plain

 

 

 

 

*ANZACってなに?

 

まずANZACとは

Australia and New Zealand Army Corps」の略。

直訳すると

「オーストラリア・ニュージーランド連合軍」です。

 

 

歴史は第一次世界大戦にまでさかのぼります。

1914年、イギリス・フランス連合軍はトルコ(オスマン帝国)のガリポリという場所を占領しようと攻め込みました。

 

 

でもこの戦いとても大変な激戦だったんです。

そこで当時イギリス領だった

オーストラリアとニュージーランドは、

イギリスのために戦いたいと参戦を決めます。

そして初の海外遠征に出るのです。

 

 

 

今もオージーは彼らの勇姿を誇りに思っています。

ANZACdayは当時活躍した人の追悼の日であり、

第二次世界大戦以降は、過去すべての戦争に参加した兵士たちを讃えて追悼する日へと形を変えました。

 

 

 

 

 

*ANZACdayでは何をするの?

 

大きく分けると以下の5つのことをします!

1つ1つ見ていきましょう!!

 

 

正装をする

ポピーの花を飾る

ANZAC関連のグッズが売られる

ビスケットを食べる

セレモニーとパレードが催される

 

 

 

正装をする

 

当日街はたくさんの正装した人であふれます。

杖ついた可愛いらしいおじいちゃんも

ビシッと正装してタバコをふかします。

そのダンディーな姿を見ると本当に惚れ惚れしちゃいますよ。 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182116j:plain

 

正装と言ってもいろんな正装があります。

例えば子供だと学校の制服

大人やお年寄りだとスーツ

軍隊だと(軍隊じゃない人でも)軍服などです。

 

f:id:yukonoblog21:20170529182231j:plain

 

上の写真に注目してください。

胸元のキラキラしたメダルにお気づきですか?

これは当時の軍人さんや従軍看護婦さんの物です。

 

メダルを左胸につけている人は

実際に戦争で活躍された人

右胸につけている人はそのご家族などの、

本人の意思を受け継いだ人

 

戦後長く時間が経過しているので

右胸につけた人が多かったです。

 

あとは多い人だと30個くらいつけてる人もいて

びっくりしました!

 

 

 

ポピーの花を飾る

 

ポピーの花とはこれです。

日本でもよく目にする花ですね。

 

f:id:yukonoblog21:20170529182403j:plain

 

この花はアンザックを象徴する花で、

当日はいたるところに飾られてあったり

この花のコサージュを身につけたりします。

 

メルボルンではANZACday当日に、

ポピーの花が駅前の大広場一面に敷き詰められます

それがすごく有名なんですけど、

私は当日そこに行くの忘れてて見れませんでした、、

ミスすぎます。。

 

 

 

ANZAC関連グッズが売られる

 

当日はポピーをモチーフにした

コサージュが売られることはお話ししましたが、

他にもこんな物も売られています。 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182528j:plain

 

これは1枚目の写真の海兵さん達が売っていたもの。

左の物はバッジ、右はリストバンドです。

他にもいろんな柄のバッジや

可愛いストラップなんかもありましたよ。

 

当日これらを身につけた人を多く見かけました。

ちなみにこの販売によって集まったお金は

恵まれない子供達への寄付になるそうです。

 

 

 

ビスケットを食べる

 

これはアンザックビスケットと言われていて

オーストラリアではたくさん売られています。

このANZACの時期は特に! 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182634j:plain

 

戦時中に兵隊さんのお嫁さんが

このビスケットを焼いて戦地に送っていたから

戦時中を象徴する食べ物になったんですって。

 

日本の場合は芋のツルとかほしいいなのに、

それに比べたらおしゃれですよね、、

 

私のホストファミリーもこの時作ってくれました。

オートミールで出来ていて

歯ごたえはしっかりしています。

そして腹持ちもすごくいいです。

味はほんのりココナッツみたいな感じでした!

 

 

しかし残念なことに、

私また写真を撮る前に完食してしまったんです。。

 

だから上の写真はクックパッドで

「アンザックビスケット」と検索して

一番私が作ってもらったやつに似てたものです。。

ごめんなさい。。

 

 

 

セレモニーとパレードが催される

 

当日は早朝からセレモニーが始まります。

メルボルンにはShrine of Remembranceという

立派な戦争の記念館があります。

 

ここで日昇前の6:00からセレモニーが始まります。

動く始めるのはなんと4:30からなんですって!

そして9:00から大きなパレードが始まります。 

 

f:id:yukonoblog21:20170529182820j:plain

f:id:yukonoblog21:20170529182827j:plain

 

たくさんの軍人さんやマーチングバンド、

車などが大きな列をなしていました。

 

ちなみにこの日はあいにくの曇り空、、

パレードの終盤は小雨まで降っていました。

 

しかし雨が降ろうと嵐が来ようと、

セレモニーやパレードは中止にはなりません

なぜなら、これは戦争にまつわる行事だから。

 

戦時中は嵐が来たからと言って

戦争が中止になるなんてことはありませんよね。

だから今でもこの行事は

天候に左右されることなく決行されるそうです。

 

 パレードを行進している人たちは

普通にてくてく歩きで以外でしたが

規模が大きいので小雨の中でも迫力ありましたよ!

 

 

 

 

 

さて今回はANZACdayを振り返っていきました。

私がサボっていたため季節外れになったのと

写真を全然撮っていなかったのが反省点です。

ごめんなさい。

 

 

それでも少しでも

オーストラリアで最も大切にされている日について

詳しくなっていただけたら嬉しいです。

 

 

 

それではまた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jenny, my Chinese friend 🇨🇳

(For English see below)

 

お久しぶりです!ゆうこです!

最近さぼりすぎててネタが溜まってます、、

少しずつ投稿していかないと、、

 

さて今回のコーナーは「幸せのカタチ」。

第2回目の今回は

中国人の友達にインタビューをしました! 

 

 

f:id:yukonoblog21:20170528215209j:plain

 

 

彼女は以前紹介したナオミを介して知り合った友達。

彼女も放課後はいつも図書館で勉強しています。

私を見かけると笑顔で手を振ってくれる

明るくて優しいお姉さんです。

 

 

 

ー好きなように自己紹介してみて!

 

ジェニー(Jenny)です。

あ、でもこの名前は本名じゃないよ!

中国人はよくイングリッシュネームを作るんだ(笑)

 

中国の重慶出身で、

今はホームステイして暮らしているよ。

ここのホストマザーは日本人なんだ!

だから毎日のように和食食べてる(笑)

 

 

 

ーありがとう!

ジェニーはどうしてここで英語の勉強をしているの?

 

実は私もナオミと似ていて、

大学を卒業した後は中国に就職して働いていたんだ。

オフィスワークをしていて毎日忙しかったな。

 

仕事だけじゃないよ。

中国は人が多いし国全体がすごく忙しい。

その窮屈な忙しさに疲れた時に、

外国に行って違う空気を吸ってみたいって思ったんだ。

 

実は私、今まで外国に行ったことなかったの。

これが私の初めての海外生活だよ。

私の叔父がメルボルンに住んでるってこともあって

安全だからここを選んだんだ。

 

 

 

ーメルボルンでの生活はどう?

 

私は去年の10月から来ていて、

今年の10月に中国に戻るよ!

だからちょうど 1年住むことになるね。

 

この街は中国と違って、

外国人がたくさんいるからすごく新鮮だよ!

たまにホームシックにはなるけど、

友達もできたし楽しい!

 

平日は授業の後も遅くまで学校にいるし

休日はシティの図書館とか教会に行くよ。

だからあんまり家にいなくて

ホストファミリーから忙しいねって

よく笑われるんだ(笑)

 

 

 

ージェニーは何をしている時が幸せ?

 

うーん、、

私は歌が好きだから歌ってる時かな!

こっちでもよく中国の歌を聴いたり、

家で口ずさんだりしてるよ!

幸せだと歌いたくなるし、歌うと幸せになれるんだ。

 

あとは泳ぐのも好きだから泳いでる時も幸せ!

オーストラリアには素敵なビーチがいっぱいあるけど

なかなか泳げてないから行きたいなー!!

 

 

 

ー最後にジェニーの夢を教えて!

 

私は10月に中国に帰ってから仕事を探すよ。

できれば中国の西の方で働きたいな。

 

次はオフィスワークじゃなくて学校の先生になりたい。

私は大学で地理学を学んでたから

西中国で子供に地理学を教えるのが夢だよ。

 

 

 

ー素敵!でもどうして西中国なの?

 

ゆうこ、中国の地図わかる?

中国の大きい都市、例えば北京とか上海とか香港って

全部東側の海沿いにあるんだ。

 

そして東側、内陸の方ってすごく貧しいの。

だから西中国に住む人の多くは

家計を支えるために東の方に出稼ぎに来てるんだ。

 

そしてその子供は両親と離れ離れになって

おじいさん達と一緒にずっと待ってる。

 

こういう現状があることを前にニュースで知って

その子達のためになりたいと思うようになったんだ。

 

中国は貧富の格差が深刻だから、

貧しくて苦しんでいる子供を支えなくちゃいけない。

 

子供達と話す中で

ここでの留学の経験も活かしていけたらいいな!

 

 

 

 

 

 

***********************

 

Hi. Today’s guest is Jenny, my Chinese friend.

Actually my Korean friend Naomi, who I introduced before, introduced her ti me at the State Library of Victoria.

 

She is very kind and friendly.

When I see her at school, she aways cheers me up with her gorgeous smile with makes me happy.

 

 

ーPlease introduce yourself.

 

Hi. I’m Jenny, but actually It’s not my real name, most Chinese students have own English name freely.. haha

 

I’m from Cong qing, south part of China and I’m living in a home stay in Melbourne.

My host mother us Japanese so I often eat Japanese food.

 

 

ーThank you. Why are you studying here?

 

I worked at an office in China after I graduated from my university.

It was so busy but honestly it was not only my job, I think CHINA is too busy because of its huge population.

 

When I was tired from my busy life, I decided to go abroad to feel the new, fresh atmosphere.

I haven’t been to another country before I came here, it’s literally  my first experience out of China so i chose here where my uncle lives.

 

 

ーHow is your life here?

 

Melbourne is different from China.

There are a lot of international people so it’s pretty new and interesting for me.

Sometimes I feel homesick but I have many lovely friends and they makes me happy.

 

 

ーWell, when do you feel “happy”?

 

Let me see..

I love music so when I sing my favorite song, I feel happy.

I often listen and hum Chinese songs here.

It’s interesting because when I heel happy I always song and also singing makes me happy.

 

 

ーAnyway, what’s your dream?

 

I’m going back to China in October and then I’ll look for a new job.

I hope i can be a teacher in the east part of China.

I’ve acquired geography in my university so teaching it to children is my dream.

 

 

ーLovely! but why do you prefer the east part of China?

 

Can you imagine the map of China?

The big cities, such as Beijing, Shanghai, HongKong line the seashore on the west of China.

Therefore, inland areas which are located in east China are quite poor and lots of laborers go west in search of work to earn money and keep their family.

That’s why there are many children who can't live with their parents in east China.

They are still waiting with their grand parents and loneliness.

 

I knew this circumstance on the news and set my heart on working for them.

China has a serious problem with the gap between rich and poor so we should support children suffering from poverty.

If I become a teacher, I’d like to talk my experience here to students.